さよなら、タバコ!禁煙成功率ナンバーワンのチャンピックスを使おう

she was sick

有効成分バレニクリン

the capsules

人がニコチン依存症になってしまうのは、「ニコチンによってドパミンが出る」というメカニズムができてしまうからだとされています。
ドパミンは人に充足感を与える神経伝達物質で、何かを成し遂げたときに感じる気持ちよさは、ドパミンが放出されているからです。きつい仕事が終了したときとか、スポーツで結果を出したとき、脳内でドパミンが放出されて人は快感を覚えます。タバコに含まれるニコチンは、これを放出させるためのトリガーとして働きます。タバコを吸う人の脳内にはニコチン受容体が作られ、そこにニコチンが接触することによってドパミンが放出されるのです。
タバコを吸ったときに気持ちよく感じ、解放感を得られるように感じるのはこのような仕組みがあるからですが、タバコを吸うことが習慣化してしまうと、人はもはやニコチンを取り入れなければ大量のドパミンを出すことができなくなってしまうのです。
これが、俗にいうニコチン依存症というものです。

禁煙治療薬であるチャンピックスは、主成分として、ニコチンの代わりにニコチン受容体に接触してドパミンを放出させるバレニクリンを含んでいます。
チャンピックスを飲んで禁煙治療を行うことは、ニコチンの代わりになるモノを摂取することによって、ニコチンが不要な体を作ることにほかなりません。バレニクリンはニコチンほど強い成分ではないので、タバコが不要になってニコチン依存症から解放されたあと、チャンピックスを飲むのをやめてもそれほどの苦痛は感じません。ニコチン受容体はその役割を終え、人は禁煙に成功します。
ニコチン依存症のメカニズムを解明し、これを解消するという方向性で禁煙を成功に導く、それがチャンピックスという薬による禁煙治療なのです。